権力に守られたエリートお嬢様医師の傲慢な態度に黒い裁きが下される!電マ拷問で理性を崩壊させる

評価: 評価1評価2評価3評価4評価5 (2 投票, 平均点: 4.00)
Loading...Loading...

URL: BLACK judgment DAY 残酷制裁ファイル 5 滝川かのん

美人女医の滝川かのんが1つの医療ミスを犯してしまったところから物語は始まる。彼女の将来を案じた病院側はミスを隠蔽。他の医師に十分に報告もしないまま、担当していた今井看護師に責任を転嫁し、退職という形で証拠を消し去った。だが、その件を不自然だと怪しく見ている者たちもおり、病院内はある種異様な緊張感が漂い始めていた  →  「沢木先生が何人かの部下を使って調査をさせていると聞きまして」滝川「でも証拠も全部抹消したはずだし…あなたがうまく隠してくれたんじゃないの?あんなミス私がするわけ無いでしょ あれは全部今井看護師がやったこと 院長のパパもそう言ってるんだから」傲慢な態度に怒り心頭の沢木と部下が滝川を拉致  →  「自分の犯したミスも認めず他人になすりつける 立派な悪人じゃないですか その化けの皮すぐに剥がしてやる」傲慢なまでに誇り高きエリートが女の体を持つがゆえに堕ちてゆく  →  「やだ触んないで やめて それなんですか」電マ攻撃開始「医療ミスなんてしてない…」黒き絶頂に青色吐息はやがて阿鼻叫喚へと変わる  →  「勝手にイクなよ」「イカせてください…」滝川の理性が崩壊!もっとしてほしいと懇願 心が拒絶しようともその快楽に抗う事ができず、そのつど肉体的反射を伴ってしまう「イキ続けたらどうなるのかな?」


ユーザー コメント