接客を失敗したメイドに電マでエッチな教育を施す

評価: 評価1評価2評価3評価4評価5 (4 投票, 平均点: 3.00)
Loading...Loading...

URL: 迷奴極逝き哀歌 従順メイド教育開発拷問 Vol.2 仲間智美

「私の名前は仲間智美。都内の大学に通う3年生です 昔から夢だった銀行員の仕事につきたくて就職活動をしていたけど不景気の影響でどこもまだ内定をいただけておりません。気分転換にバイトでもしようと思い求人誌を見ていたら家政婦さん募集と乗っていたので少し興味もあったので面接を受けてみることにしました」  →  バイトの面接で「さっそく今日から働いていただこうかなと」  →  依頼主の男性宅でメイドの格好で家政婦をする仲間智美 智美が出したお茶の熱さに激怒する男性「熱いな なんでこんなに熱いお茶をこんな季節に出してんだよ!」智美を押し倒しキスを迫る男性「キスぐらいさせてくれたっていいだろ」襲いかかってきた男性の顔を払いのける  →  「メイドがお客様に暴力ふるったなんていうことはね雇い主であるこの私に泥を塗るのと同然の失礼なことを働いたということなんだよ」  →  。激怒した雇い主は智美にお仕置きくわえると共に、とある「教育」を施すことを考える  →  「接客の作法を一からしっかり君にたたきこんであげるからしっかり覚えなさい」智美を縛り服の上から指でオッパイをつんつんさわる「何が接客の作法何ですか!」  →  顔を払いのけてしまった男性にも電マで責められるメイド  →  逆らうことなど夢にも思わぬ新米メイド。お仕置きという名の悪夢のような性虐に体が、何より心が拒絶を示していた  →  拘束電マでメイドを教育 ご主人様もうやめてください…


ユーザー コメント