エリート捜査官は過酷な電マ・ドリル拷問で心では拒絶するが体が反応してしまい色欲に支配された哀れな肉人形へと失墜する

評価: 評価1評価2評価3評価4評価5 (2 投票, 平均点: 2.50)
Loading...Loading...

URL: 女の惨すぎる瞬間 麻薬捜査官拷問 女捜査官 FILE 27 波多野結衣の場合

「妹的存在の綾が失踪して数ヶ月が過ぎた…絶対に助けるから」捜査官の波多野結衣が決意 捜査を開始する  →  「沢木を逮捕しろ」という電話を最後に信頼している柊課長は消息を絶つ「やつらの仕業ね 絶対に捕まえてやる」  →  アジトを発見し捕まえようとするが逆に捕まる 結衣の運命は?  →  「次から次へとお前ら懲りねぇなぁ」結衣は縛られる「お前らの顔は覚えたからな」  →  「女っていう所をバッチリ見せてくれよカメラで撮っておくからよ」背後から髪の匂いや体の匂いを嗅がれる捜査官  →  無理矢理キスさせる  →  「あららららら どうしたのかな?」捜査官を電マで責めたら頬を一筋の涙が伝う  →  「どんな気分だ?」四つんばいにさせて尻舐め バイブ責めで絶叫  →  大量のピンクローターを両乳に当てながらクリトリスを電マ責め、膣をバイブ責め 強い快感に身を包まれた捜査官はイクと同時に体をのけ反らせる  →  M字緊縛ドリルで絶叫泣き


ユーザー コメント