「あきらめな!死ぬまでお前をイカせてやるよ」女刑事を待っていたのは卑劣な電マ拷問!鍛えられた心が歪みだす

評価: 評価1評価2評価3評価4評価5 (1 投票, 平均点: 4.00)
Loading...Loading...

URL: 女刑事という名の淫媚なる秘肉 ULTRA BURNING ISOGINCHAKU 秘話其之一 媚薬精製組織の残酷オンナ崩し 枢木みかん

「なんで追っかけてくるんだよ?」「あんたが逃げるからよ」東京特別公安庁第一本部の須磨あきら(枢木みかん)は、密売組織を追い詰める  →  「残念だったな なにも出てこないぜ」ボスが現れ銃口をあきらの頭につきつける 逃げ場がなくなったあきらの末路は?  →  「こんなことしてただで済むと思ってるの?」あきらは縛られ身動きできない状態に「あんたよ 俺にむけて首を洗って待ってろと言ったらしいな」「だから何?」「おれらの世界じゃな それは喧嘩を売ったっていう意味なんだよ!」あきらの胸や陰部を手で揉む「やめなさいよっ」「いいんだぞ声をだしても 気持ちよかったらな」服の上から電マ責め 必死に耐えるあきら  →  〇〇生成職人登場「とんでもない〇〇を作る男だよ」膣に挿入すし電マ責め  →  クリを指でこする 膣内にローターを入れて指マン  →  台の上に磔拘束し電マをクリに当て膣にディルドを挿入  →  電マアタッチメントで膣、アナルと下腹部に電マを当てると身体をのけ反らせて悶える「続けてイケ」  →  開脚緊縛ドリル&電マで絶叫 どんな女も耐え切れない  →  口マンコイラマチオ  →  セックス卑猥なマンコ肉が疼きだし遂にほとばしる熱い淫汁


ユーザー コメント